2019年度活動状況

※研究会発足(1990年)から30年目に突入しました。

◆第352回 平成31年7月19日(金)
1.テーマ:ブロックチェーンの知的財産法領域における活用
  発表者:西南学院大学        原 謙一様 氏
2.テーマ:意匠法の改正について
  発表者:東京エレクトロン九州株式会社 山崎 夏樹 氏

◆第351回 平成31年6月21日(金)
1.テーマ:AIの導入とベンダー・ユーザー相互のノウハウ・データの保護のあり方
  発表者:青山法律事務所             青山 隆徳 氏
2.テーマ:『社会デザイン』としての文化政策における『法』の役割
             …『ダウンロード違法化の対象範囲の見直し』についての議論を踏まえつつ
  発表者:九州大学大学院         小島 立氏

◆第350回 平成31年5月17日(金)
1.テーマ:オリンピックと知的財産権
  発表者:森法律事務所        渕脇 明裕 氏
2.テーマ:ダウンロード違法化の拡大をめぐる議論について
  発表者:北海道大学大学院       孫  友容 氏

◆第349回 平成31年4月19日(金)
1.テーマ:商標(図形商標含む)に関する事件…『レッドブル事件』と『白砂青松事件』
  発表者:加藤合同国際特許事務所  白垣 耕一郎 氏
2.テーマ:ソフトウェア関連発明における『とき』の解釈について…知財高裁平成29年(ネ)10072号
  発表者:(株)ゼンリン      木村 文則 氏